紫外線カット(UVカット)機能があるコンタクトレンズを紹介:コンタクトレンズ通販レポート

紫外線カット(UVカット)機能があるコンタクトレンズ


日差しが強くなる季節に最適な紫外線カット機能付きのコンタクトレンズ
お肌のシミの原因といわれている紫外線(UV)は、肌だけではなく、実は白内障などの眼病を引き起こす原因のひとつともいわれて、また、蛍光灯からも紫外線は降り注がれています。

紫外線(UV)カット機能付きコンタクトレンズなら、こういった有害ない
紫外線を大幅にカットし瞳を保護してくれます。


ジョンソンエンドジョンソン製
・ワンデーアキュビュー
・ワンデーアキュビューモイスト
・ワンデーアキュビューモイスト乱視用
・ワンデーアキュビュートゥルーアイ
・ワンデーアキュビューディファイン(カラコン)
・アキュビューオアシス(2週間)
・アキュビューアドバンス(2週間)
・2ウィークアキュビューディファイン(2週間・カラコン)



シード製
・ワンデーピュアうるおいプラス
・ワンデーファインUV
・アイコフレワンデーUV
・ヒロインメイクワンデーUV
・ワンデーピュアマルチステージ
・ツーウィークファインUV(2週間レンズ)



UVカットコンタクトレンズは効果あるの? という意見

UV(紫外線)カットのレンズは、効果があるのか?
実際問題として、紫外線は水を通過出来ないので、角膜や目の水分は紫外線を通さないのUVカットのレンズの効果はないという人がいます。
その証拠に一般の人はUVカットなどとくにしてなくても平気でしょ、といった意見も確かにそうですね。

ところが、スキーやスノボのあとで、目がチカチカしたり、ひどい時には真っ赤になって痛みを伴う「雪目」という現象がありますが、これは医学的には「紫外線による角膜炎」の一種だそうです
(ウィンタースポーツをやったことがある人は、経験したことあるでは?)

あれ?目の水分が紫外線を通さないいんじゃないの???

なんだか、わからなくなってしまいました(^_^;)

私が推測するに、目は紫外線に対してかなりの許容量があって、実際はそうそうどうにかなるものではない、ただ、一定量を超えると悪影響が出る、という事ではないかと素人ながら思いいました、UVカットレンズは紫外線対策として効果あるが、必要か不必要かといわれるとハッキリとした決断は下せないという感じです。

UVカットにあまり神経質になる必要はないと思いますが、紫外線の強そうな所へ出掛ける時には、UVカットのレンズを使うことで「より安心できる」という感じかな。
ただ、いろいろ調べてみると、紫外線にかなり敏感な人もいるようです、私も、若い時ほど耐性がないように思います…が、これってただの老化現象かも(+_+)



-参考-
シードのサイトにUVケアの参考ページがありました。
完全に女性向きページですが、紫外線が気になる男性諸君が読んでも、かなり参考になりそうですよ

SEED 瞳-美人計画












レポートマップ


・ HOME リンク トピックス