使い捨てコンタクトレンズの年間費用を計算してみました、コンタクトレンズ通販レポート

コンタクトレンズの年間費用を計算


使い捨てコンタクトレンズの年間費用を計算してみました。
一年間で、いったいどれくらい掛かるのか、参考にどうぞ


1日使い捨てタイプのコンタクトレンズ費用

一日タイプのコンタクトレンズ費用は、どのレンズを使うかでかなり違ってくるのがわかりました。

マキシビビューデイリーの場合、24,000円(激安レンズ)
ワンデーアキュビューの場合、 48,000円(一般レンズ)
ワンデーアキュビュートゥルーアイの場合、58,000円 (新素材レンズ)

ワンデーレンズは、はっきり言って高額です。
そのぶん快適で衛生度が高く安全なレンズなわけですが、このワンデーレンズを少しでも安く買うコツは、とにかく安い時にまとめ買いをすることですね。
まとめ買いで送料が無料になったり、単価を下げて購入することが出来ます。


2週間使い捨てタイプのコンタクトレンズ費用

2週間タイプは、1日タイプよりは目の健康・安全性は低くなりますが、2週間ごと新しいレンズに替えるので、コンタトレンズのケアも長期使用のレンズに比べて簡単です。
そして、なんといってもレンズにかかる年間の費用を半値ちかくにまで下げることが出来ます。

スプラッシュの場合、9,000円+洗浄液6,000円 (激安)
フォーカス2WEEEKの場合、15,000円+洗浄液6,000円 (一般)
アキュビューオアシスの場合、23,400円+洗浄液6,000円 (新素材)


1日タイプに比べて、通販店ごとの価格差は少ないですが、シリコーンハイドロゲル(アキュビューオアシス)など、新素材のレンズはお店によって販売価格にかなりの違いがありますから、コンタクトレンズの費用を下げるのならお店選びも重要です。

それから、洗浄液も準備しなくてはいけません。
洗浄液の費用は、年間6000円と設定してみましたが、使用商品や使い方によってこれ以上にかかるケースも考えられますし、お店を探せばもっと安く買えると思いますから、、コンタクトレンズ代と同様に洗浄液入手方法も同時に考慮したほうがいいでしょう。
ちなみ、洗浄液を買えばコンクトの保存ケースが1個ついている事が多いです。


1ヶ月使い捨てタイプのコンタクトレンズ費用

1ヶ月単位で交換するので、2週間タイプよりも安くなりそうなんですが・・

マンスリーファインの場合 10,800円+洗浄液6000円
アキュビュークリア の場合 22,800円+洗浄液6000円
O2オプティクスの場合 18,400円+洗浄液6000円

2週間タイプより、少し安くはなりますが、2倍の期間使える割には思ったほど差が出ませんでした、通販店の取扱い店が少ないコンタクトレンズですから値段も高めなのかもしれませんね。
紛失や破損のレンズの衛生面のリスクも増えてるので、徐々に需要がなくなってきているレンズです。


その他
ソフトコンタクトレンズ 両目 10,000〜20,000円 + 洗浄液等
ハードコンタクトレンズ 両目 15,000〜30,000円 + 洗浄液等

一般的には、割安と思われている長期使用出来るソフトレンズですが、長期的にみると安いかもしれませんが、確実な洗浄と定期的な目の検査が必須になってきます。
特に、「確実な洗浄」が問題で、つい適当にやってしまい、レンズの寿命を早めたり、レンズで目を傷つけてしまうことがあるからです。
洗浄をおろそかいにすると、間違いなくトラブルの原因になります。

長期使用レンズで、軽い目のトラブルになったことのある人は少なくないと思いますが、どうでしょうか? (私もそうでした)
目の安全を考えるのなら、使い捨てコンタクトレンズの使用をオススメします。



通販店を使わない場合は?
コンタクトレンズにもよりますが、通販店(送料込)最安店と比較すると、大体1.3倍〜1.7倍くらい店頭販売の方が高いことが多いです。
利用するときには、新聞チラシなどでチェックして、安く売る時を狙いましょう。
その時に出来るだけ沢山のレンズを買ったほうがいいですね。
ただ、お店によっては、3〜6ヶ月分までしか販売しないお店もあります。
それから、検査を行うお店もあります、その場合の検査料が、別途で必要になります。













レポートマップ


・ HOME リンク トピックス