コンタクトレンズ通販レポートは、コンタクトレンズ通販店から実際に購入して比較した通販レポートです

ネオサイト14通販レポート


ネオサイト14の通販レポート。
ネットで買ったネオサイト14を使ってみたときの、装着のしやさすさ、使い心地、乾燥感などレポートしています



ネオサイト14とは 
ネオサイト14はアイレが製造販売している、非イオン性のコンタクトレンズ、乾燥に比較的強いレンズのも特徴です。

ネオサイト14は高解像とレンズデザインにより、これまでの球面レンズより自然な見え方を実現、レンズ中心部と周辺部の厚みが均一的なので、角膜への負担が少なく装用感も快適、薄型レンズなのにレンズの形状がしっかりしているの初めての方でも取扱いが簡単、またレンズの色は薄いブルーなので視認性も抜群。

素材は汚れの付きにくい「非イオン性」を採用。いつまでも快適な装着感」を保ってるように作られた2週間タイプの使い捨てコンタクトれんずです。(メーカより)

メーカーはこう言ってますが・・実際は? ここから通販レポートです


レンズの入手
ネオサイト14はネット通販店のドクターレンズから購入した、コンタクトレンズです。
ネオサイト14の購入では、どのお店でも処方箋は不要です。

切り離しやすさ
少し切り離しにくかったです。
ネオサイト14は3枚がひとつのつながりになっています、ミシン目は入ってはいますが、切り離しにくかったです。

ふたの開けやすさ
開けやすいです。
ネオサイト14のケースは小さく、蓋があけにくそうですが、実際は見た目によらず、簡単にあけられると思います。

レンズの取出しやすさ
取り出しにくいかも
ケースがかなり小さいので、指をいれるとケース内の保存液がほとんど出てしまいます、装着に失敗したときに不便そうです。

裏表の確認しやすさ&装着のしやすさ
裏表は、比較的確認しやすいレンズと思います、やわらかめのレンズではありますが、指の上に乗せてもヘタってしまうほどではありません、装着もしやすいレンズと思います。

装着直後の感じ
2WEEKアキュビューなどと同程度です
装着直後の感じは、、まぁ普通ですね、悪くはありません、比較てきやわらかいレンズのため、装着感は軽いです。

乾燥感の度合い
普通ですね。
ん〜って感じです、正直、特別いいような感じはしませんが、悪い感じも・・乾燥感はありますが弱い感じです。

レンズのはずしやすさ
外しやすいです。
ネオサイト14は、やわらか目のコンタクトレンズですが問題なくはずせます、はずしにくいという人は少ないと思います。

装着感の記録
1日目  可もなく不可なくといった感じ、ちょっと乾燥するのが速いかな・・・
2日目  悪くありませんが、時間がたつと徐々に乾燥感が強くなっていきます。
3日目  10時間つけていると乾燥してきますね
4日目〜13日目 10時間以上は目薬が必要なときが多いです
14日目  値段を考えると適正なレンズ性能かな・・



ネオサイト14 安値ランキング 
(2箱送料込み-4/26更新)
レンズクラス 2840円
レンズ屋.com 3260円
アイライフ3312円

◎レンズスペック
 名称  ネオサイト14
 酸素透過率(DK/t値) 21.1
 レンズの厚さ  0.05ミリ
 含水率 38.6%
 赤外線対策 --
 花粉対策 --
 レンズの汚れやすさ 非イオン系素材で汚れにくい
 レンズの曲り具合
(BC)
 8.7
 レンズの大きさ
(DIA)
14.0
 度の強さ(PWA) -0.50〜-10.00
 医療用具承認番号 21600BZY00543
 パッケージ 1箱6枚入り 

◎メーカー
 メーカー 株式会社アイレ
 創業 1955年
 設立 1961年
 資本金 1,000万円
 事業内容 コンタクトレンズ及び関連商品の研究、開発、製造、輸入及び販売
 本社住所 東京都豊島区
 URL http://aire-cl.com
 コンタクト以外の商品 レニュー(ケア用品)
 主なコンタクトレンズ
 1dayタイプ ネオサイト14
ワンデーアイレ
 2weekタイプ ネオサイト14


ネオサイト14は、値段のわりに良く出来たレンズです、乾燥感も値段相応といった感じです。

ただ、ネオサイト14のコンタクトレンズケースは、3枚つづりになっていますが、切り離しすときに注意をしないといけないかも、というのは、隣のレンズのふたを少し開けてしまう事があるからです。

私自身、しらずにやってしまい、レンズを換えようと未使用のレンズのふたをあけたら干からびたレンズが入っていましたよ

ネオサイト14は、ふたをあける時の不具合以外は、標準的なレンズだと思います。
先に試した、2ウィークキャンビューよりは、明らかに自分には向いている感じです。

コンタクトレンズはコスト重視! という方には向いているレンズではないでしょうか。

レポートマップ